B型肝炎ウイルスの治療
B型肝炎ウイルスの増殖の仕方
B型肝炎ウイルス薬の特徴
B型肝炎ウイスル薬開始のタイミング
ゼフィックス経過良好例

B型肝炎ウイルスの治療
ウイルス性肝炎の治療は、原因療法、対症療法、発癌を予防するものの3つにおおまかに分けられます。
原因療法は、肝炎の原因となっているウイルスを減少させたり排除させるもの。対症療法は炎症を抑えることによって肝臓の細胞が壊れることを防ぐ治療。発癌予防は肝炎の継続により肝癌が発生することを予防する可能性のある治療として、分けています。どの治療も、最終的には肝炎の進行肝癌の発生を予防することを期待して治る方向へ行くことを期待して行うことになります。

現在B型肝炎では、35才未満はインターフェロン療法、35才以上は抗ウイルス薬である、バラクルード、ゼフィックス、ヘプセラが主流です。しかし、自然経過で落ち着いてくる治る場合もあり、多彩な変化に応じた治療方針が必要となります。また、B型肝炎では、落ち着いている時期と急に悪化する時期が交互に来る場合があり、急速に悪化する場合に、肝不全となり無くなる場合があるなど、非常に悲惨な経過をとる場合があります。30代から40代のうちに肝硬変や肝癌が発生することもあり得るという意味では、C型肝炎よりも若い時期の経過観察が大切でもあります。
逆に50代くらいになるとぴたっと炎症が治まり、肝癌も出来ずに良好に経過する場合もあります。

しかし、普通の経過では慢性肝炎、肝硬変、肝癌と進行する病気であることは、忘れてはなりません。ですからどの時期からでも治すことが求められる病気なのです。そして、抗ウイルス薬の進歩により治る可能性がでてきていることは、いいニュースです。
戻る

B型肝炎ウイルスの増殖の仕方
B型肝炎ウイルスの肝細胞に感染してどう増えるのかというスライドです。
B型肝炎ウイルスは、肝細胞に入りこむと人の肝細胞にある成分を巧みに利用してB型肝炎ウイルスを増殖させます。その際に人の遺伝子に組み込みを行って、一生涯そのあとを残すことが出来る仕組みも持っています。
抗ウイスル薬は、この増殖の部分でのウイスルの遺伝子を合成する部分を邪魔して、ウイルスが増殖できないようにすると言うところがわかっています。ですから、薬を飲まなくなるとこの部分が無くなるので再度増殖が可能になり、やめると肝炎がひどくなることがあるため、継続して飲むことが現在は、主流となっています。
いつやめるタイミングとして適切なのか、まだ結論が出ていませんが、長期にわたりe抗体が安定化した場合には可能ではないかと言われています。これも、e抗体ができても肝炎ウイルスが増殖しているパターンの患者さんには当てはまらないなど難しい部分がまだ存在します。
戻る

B型肝炎ウイルス薬の特徴
B型肝炎ウイルスの抗ウイルス薬は、エイズの薬の発達に伴って、効果が確認されたという歴史があります。エイズに対する効果のある薬がB型肝炎ウイルスに効果がある可能性を持っているということになりますが、現在、3種類の飲み薬があります。
長所としては、インターフェロンのような注射の薬ではなく、飲み薬であるという点は、長所と言えるでしょう。
また、ウイルスの増殖を抑える力が強く、副作用が少ない。他の病気の飲み薬は当然そうなのですが、肝炎の薬はインターフェロンに代表されるように辛い治療となるため、従来の治療よりは格段に楽な方になると言うことです。

短所としては、やめると肝炎が再度悪化することがあり、またウイルス薬が効かなくなるウイルスが出現するという耐性株というウイルスの種類に変化することが知られています。ヘプセラやバラクルードは耐性株がでずらいことが知られています。ゼフィックスでは長期的に見ると3〜5年で50%の人に耐性ウイルスが出現します。
でない人はずっとでないことがあるので、必ずでると言うことでないことを忘れないでください。
戻る

B型肝炎ウイスル薬開始のタイミング
B型肝炎ウイルス用の抗ウイルス薬としては、ゼフィックスがはじめて保険適応になった薬でした。それまでは、エイズで使われていたエピビルという薬を自費診療で使ったりしていたのですが、保険診療で使えるようになり、たくさんの人が救われるようになりました。しかし、初めは、慢性肝炎の人にしか使えず、進行すると命に関わる肝硬変や肝癌の患者さんには使えないというしばりがありました。今考えると全く患者にとって、役に立たないしばりだったわけですが、それが無くなってから、本当に命に関わるような肝炎の増悪などにも使えるようになり、よりたくさんの人たちが救われています。肝癌になってからも肝炎が沈静化することで、肝癌の治療がより十分に行えるようになったり、非常に貴重な薬です。
 しかし、耐性ウイルスが出現する問題があり、3〜5年で効果が無くなってしまう患者さんがいて、その人たちにとっては薬の効果が無くなるに等しい場合がありました。その問題を解決してくれたのがヘプセラという薬です。効果が出てくる速度が遅めではありますが、耐性ウイルスが出現しづらい特徴もあり、この2種類の抗ウイルス薬がしばらく使われていました。
 最近出た、バラクルードという薬は、耐性ウイスルが出現しづらいため、B型肝炎ウイルス薬を最初に投与するときにはこの薬を選択するようになっています。

ゼフィックスを飲んでいる患者さんでも耐性ウイルスが出現していないうちは、切り替えた方が耐性ウイルスがでづらくなるということで、3年以内であれば切り替えを検討して良いという方針がでています。しかし、この検討と言うのがやっかいで耐性ウイルスがいるかどうかを採血でチェックできないため、耐性ウイルスがでている人に使うとさらにバラクルードに耐性のウイルスがでやすくなるため切り替えることのメリットがなくなるという問題があるのです。なんだか、だんだん難しい話になってきますが、この採血での耐性ウイルスのチェックができないうちに切り替えるのは若干心配があり、1年以内であればまず大丈夫というラインが、私は使いやすい気がしています。

ゼフィックスとヘプセラを両方使っているかたは、バラクルードに切り替えずにそのまま継続することを勧めています。
戻る

ゼフィックス経過良好例
このスライドは、ラミブジンを飲み始めて、ウイルスが減少し、e抗原も陰性化した患者さんです。非常に経過が良く、半年以上e抗原が陰性化したことから、休薬してみて、その後も経過が良好な患者さんです。このように休薬可能な患者さんもいるのですが、実際には、継続して投与している場合が少なくありません。それは薬をやめることでウイルス再上昇して肝炎を起こす可能性があるからといいますが、この辺が、やめても大丈夫と言いきれるデータがでるまでは、休薬後慎重に経過を見る必要があります。
戻る